スマホで簡単申し込み
> 総量規制で誰でもキャッシング出来る

総量規制で誰でもキャッシング出来る

総量規制で誰でも簡単にキャッシングが出来るようになっています。
総量規制というのは、消費者と金融機関が安心して
融資の契約をすることができるように考えられた規制なのですが、
この規制によってより多くの人がキャッシングをすることができるようになりました。

そもそも、この規制は消費者の年収の三分の一以上は
金融機関は融資をしてはいけないという規制の事を言いますので、
融資の枠に制限をつけた規制の事を言います。

多重債務にならないように

少額融資の全てのサービスに対してこの規制は適用されますので、
キャッシングであっても例外ではありません。
消費者が融資を受けるときには、必要以上に
融資を受けないように配慮されていなくてはいけません。
なぜかと言うと、多重債務者になってしまうからです。

必要以上の融資をすると金融機関も貸したお金を
返済してもらえなくなってしまう可能性が出てくるので、
規制によって健全な契約ができることは好ましいことだと言えます。

年収が少なければそれなりに借入れ可能

また、総量規制には年収さえ持っていれば誰でも
融資を受けることができるという意味も含まれています。
この規制が存在しなかったころは融資の条件として
一定以上の年収を条件とされていたことが非常に多かったのですが、
年収の三分の一以上は融資をしても良いこの規制だと、
年に少しでも収入があった人は誰でも融資を受けることができる事を意味するのです。

実際、キャッシングは学生や主婦であっても出来ますので、
正社員である事を条件としているキャッシング会社は無いに等しいのです。
誰でも気軽に借りることが出来るようになっているのが、キャッシングの魅力だと言えます。